大会要項

第42回つくばマラソン大会要項

名称
第42回つくばマラソン
開催日
令和4年11月13日(日曜日)
主催
つくば市/筑波大学/(一財)茨城陸上競技協会/読売新聞社
後援(予定)
茨城県/茨城県教育委員会/土浦市/(公財)茨城県スポーツ協会/報知新聞社
主管
(一財)茨城陸上競技協会
特別協賛
募集中
協賛
募集中
協力
未定
医療協力
未定
種目
フルマラソン(42.195km)/10km
スタート時間
フルマラソン:9時00分~9時20分スタート ※ウェーブスタート
10km:9時55分スタート
コース
筑波大学周回道路(スタート)~筑波大学陸上競技場(フィニッシュ)  日本陸連公認コース
主会場
筑波大学陸上競技場
参加資格
フルマラソン:2004年(平成16年)4月1日以前に生まれた方
※上記年齢に該当し、マラソンを6時間以内で完走でき、本大会要項を理解し、同意された方。
10km:2007年(平成19年)4月1日以前に生まれた方
※上記年齢に該当し、10kmを75分以内で完走でき、本大会要項を理解し、同意された方。
参加料
フルマラソン:10,500円
10km:6,500円
定員
フルマラソン:8,500人
10km:1,500人
募集方法・期間(先着順、定員になり次第告知なく終了)
(1)先行エントリー
茨城県内在住者。先行エントリーのみに適用する定員は設けない。
<方法>インターネット受付
<期間>2022年7月2日(土曜日)10時~18日(月曜日)23時59分
(2)一般エントリー
<方法> インターネット受付
<期間> 2022年7月24日(日曜日)20時~8月15日(月曜日)18時まで
(3)ふるさと納税枠エントリー
つくば市に、ふるさと納税制度を活用して募集期間内に5万円以上寄付いただいた方、先着200名。(フルマラソンのみ)
<方法>ふるさと納税サイト(さとふる/楽天ふるさと納税/ふるさとチョイス)で寄付金を納付後、専用エントリーサイト(インターネット)にて受付
※専用エントリーサイトのURLは、納付完了後、郵送にて納付者にお送りします。
<期間>寄付金受付:2022年7月25日(月曜日)0時~8月1日(月曜日)24時まで
    エントリー受付:2022年7月25日(月曜日)0時~8月15日(月曜日)18時まで
※参加料(10,500円)は寄付金とは別に必要となります。
※ふるさと納税枠エントリーの特典は、納付者に限ります。
※(2)(3)は先行エントリーで定員に満たなかった場合に実施します。 ただし、先行エントリーで定員に満たなかった場合でも、申込状況により、ふるさと納税枠エントリーの定員数等、内容の変更を行う場合があります。
チャリティー
先行/一般エントリーにおいてチャリティーを実施します。一口500円で何口でも応募が可能です。集まった支援金は、「つくばこどもの青い羽根基金」に寄付させていただきます。
選手受付
本大会ではアスリートビブス(ナンバーカード)を全ての参加者へ事前送付いたしますので受付は行いません。大会ホームページに掲載する「参加のしおり」に記載されている集合時間に遅れないように集まってください。もし、何らかの理由で参加できない場合でも欠席の連絡は必要ありませんが、計測用ランナーズチップは必ず返却してください。
返却先:(株)レックス ランナーズチップ事務局
〒152-8533東京都目黒区原町1-31-9
参加記念品
大会オリジナルグッズ
競技規則
本年度日本陸上競技連盟競技規則および本大会規定を適用します。
表彰
(1)男女総合それぞれ8位までを表彰いたします。
(2)年代別表彰として、40歳代、50歳代、60歳代、70歳以上の各種目男女とも8位まで後日表彰いたします。
特典
(1)「東京マラソン2024」出走権の付与
・つくばマラソンはRUN as ONE – Tokyo Marathon2024(一般)の提携大会です。
・つくば市内在住者で完走した方の中から抽選で3名に「東京マラソン2024(2024年3月3日開催予定)」の出走権を付与します(参加料等は自己負担) 。

(2)「かすみがうらマラソン兼国際ブラインドマラソン2023」出走権の付与
フルマラソン、10kmの茨城県内在住者の男女各1位の方に「かすみがうらマラソン兼国際ブラインドマラソン2023」の出走権を付与します。

※各大会の開催状況によって、内容は変更になる場合があります。
注意事項
(1)スタート時の混乱を緩和し、より安全な競技運営を行うために、陸連登録エリアからスタート出来る選手のタイム制限を行います。
陸連登録エリア制限タイムに満たない場合は一般の選手と同じく申請タイム順のエリアからスタートしていただきます。
尚、陸連登録エリアは2つあり、第1・第2ウェーブそれぞれの先頭エリアに配置します。各タイム制限については(2)をご確認ください。
(2)陸連登録エリア制限タイム
<陸連登録エリア1>マラソン=~3:15:00/30km ロードレース=~2:15:00/ハーフマラソン=~1:30:00
<陸連登録エリア2>マラソン=3:15:01~3:30:00/30km ロードレース=2:15:01~2:20:00/ハーフマラソン=1:30:01~1:35:00
(2019年7月2日から2022年7月1日までに日本陸連公認コースで開催された大会である事)
※制限タイムは、参加者の状況により予告なく変更する可能性があります。
(3)陸連登録番号について
<陸連登録選手>
◇2022年度の登録番号を記入してください。
◇未記入の場合は一般選手での参加となります。
<一般選手>
◇登録番号の記入の必要はありません。
(4)記録証コピーの提出
◇陸連登録エリアからのスタートを希望する選手は参加申し込みとは別に、申し込み時に記入したタイムを証明するために、2019年7月2日から2022年7月1日までに日本陸連公認コースで開催された大会が発行する記録証のコピーを大会事務局に提出してください。
◇申請タイムはマラソン以外でも、30km ロードレース、ハーフマラソンのものであれば可能とします。
◇記録証コピーは、エントリー完了後~8月21日(日曜日)までに、スキャニングデータもしくは撮影した写真データを、本サイトにある専用フォームよりお送りください。
【記録証コピーの提出】
https://www.tsukuba-marathon.com/submission_form.php
◇期日までに送付されない場合は一般選手エリアからのスタートになります。
◇申請タイムはグロスタイムです。
◇一度申請したタイムの変更は出来ません。記録証コピーは必ず申請時と同じタイムのものをお送りください。
◇陸連登録エリア制限タイム以内の記録をお持ちでない場合は陸連登録エリアからのスタートは出来ませんが、陸連登録選手としてのエントリーは可能です。尚、この場合「記録証コピー」の提出の必要はありません。また、背面へのアスリートビブスの掲示の必要もありません。
(5)フィニッシュ予想タイムの登録
一般選手及び陸連登録選手(陸連登録エリア制限タイム以内の記録保持者は除く)は、エントリー時にマラソンのフィニッシュ予想タイムを登録してください。「記録証コピー」送付の必要はありません。
※必ず実力に見合ったタイムを登録してください。周囲とペースが合わない場合は他の選手の迷惑になるばかりかご自身が事故に巻き込まれる可能性があります。
(6)団体・所属名
団体・所属名には(財)(社)(株)(有)などの省略記号は使用できません。
<陸連登録選手>
◇団体・チームで陸連登録している方
2022年に所属陸協へ申請または登録した団体名称を7文字以内で記入してください。
◇個人で陸連登録している方
2022年に申請または登録した所属陸協名を7文字以内で記入してください。
◇団体・個人ともに所属陸協に申請または登録した所属名以外の名称で申し込みをされた場合は、一般選手での参加となります。
<一般選手>
◇団体・所属名の欄に7文字以内で名称を記入してください。名称は主催者が公序良俗に反するなどと判断した場合、変更をお願いすることがあります。
未記入の場合、茨城県内の場合は申し込み住所の市町村名を、県外の方は都道府県名とさせていただきます。
競技方法
(1)アスリートビブスの付与
それぞれのスタートブロック位置を示したアスリートビブスを発行し、全て事前に送付しますので、各自来場時に忘れずに持参し、所定の位置に掲示してレースに参加してください。
(2)スタート整列
招待選手を最前列とし、以降は性別に関係なく次のA・Bの順でスタートとなります。
A:陸連登録選手(アスリートビブス2枚)
陸連登録選手であっても、記録証のコピーの提出が出来ない人は一般選手と同じブロックからの申請タイム順スタートとなります。
B:一般選手(アスリートビブス1枚)
申請タイム順の所定ブロックからスタート。
※決められた集合時間に遅れた方は、上記A・Bとは関わりなく全て最後尾からのスタートとなります。
(3)スタート
スタート時の混雑を避けるため、ウェーブ(時間差)スタートを実施します。各ウェーブのスタート時間および人数については、後日、ご案内します。
(4)コース
往路のランナーと復路のランナーが同じコースを使用する場合は復路のランナーを優先させます。往路のランナーは競技役員の指示に従ってください。
(5)関門閉鎖時間
選手の安全確保と交通規制解除を円滑に行うため関門を設置し、閉鎖後は競技を継続できません。
関門の場所と時間については、後日、ご案内します。
(6)その他
◇距離表示は全コースの1km毎に表示するほか、「あと5km」以降は残りの距離を表示します。
◇各関門通過後、次の関門閉鎖時間を超えると思われる選手は、途中でもレースの中止を命じることがあります。
◇大会中、事故や火災などの非常事態が発生した場合、コース上を緊急車両が優先通行することがありますので、警察官や消防官および競技スタッフ等の指示に従ってください。
◇招待選手は主催者が推薦する者とします。
◇視覚障害者の伴走者はエントリーの必要はありませんが、当日、前後から伴走者である事が分かるように各自で表示してください。盲人マラソン協会(JBMA)規則によります。
大会申込規約
(1)自己都合による申込後のキャンセルは出来ません。また、過剰入金・重複入金の返金はいたしません。
(2)地震・風水害・降雪・事件・感染症(新型コロナウイルス感染症を含む)等、主催者の責によらない事由により開催中止となる場合、参加料については、中止を決定した時点で実際にかかった費用等を勘案して返還の有無・金額等を決定します。返還する場合は、「1ポイント=1円」としてRUNNET内で活用できるランナーズポイント(RUNPO)による返還とし、現金での返金はいたしません。「ご家族エントリー」、「お仲間エントリー」のメンバーは、代表者へ一括返還となります。
(3)新型コロナウイルス感染症への感染の可能性を確認するため、主催者が用意する抗原検査キットの判定結果をご提示いただく場合があります。その場合の検査キット費用(1,500円を予定)は参加者負担とさせていただきます。実施の有無等詳細については、決定次第ご案内します。
(4)大会参加に際しては、十分なトレーニングをし、事前に健康診断を受診する等、体調には万全の配慮をした上で参加してください。
(5)大会開催中に競技続行に支障があると判断された参加者には、主催者または医療スタッフから競技中止の指示をする場合がありますので必ず従ってください。また、その他にも主催者から安全管理・大会運営上の指示があった場合は従ってください。
(6)大会開催中に傷病が発生した場合、主催者は応急手当を行います。
(7)大会開催中の事故・傷病・紛失等に関し、主催者は、損害賠償の責任を負いません。なお、新型コロナウイルス感染症が原因となる場合も含みます。 
(8)大会開催中の事故・傷病に際し、応急処置に限り対応します。疾病やその他事故への補償は、主催者に故意又は重大な過失がある場合を除き、大会側が加入した傷害保険の範囲内となります。
(9)大会へのエントリーを行うにあたり、家族・親族、保護者(参加者が未成年の場合)の承諾を得て下さい。団体エントリーの場合は、メンバー全員の承認を得てからお申し込みください。
(10)ユニフォームに関する規定を特に定めませんが、公序良俗に反すると主催者が判断した場合には着替えていただく場合があります。
(11)年齢・性別等の虚偽申告、申込者本人以外の出場(代理出走)は認めません。
(12)競技参加のマナーを守り、他の参加者やボランティア、沿道周辺住民への配慮を心がけてください。
(13)(11)・(12)に違反した場合、出場・表彰の取り消し、次回以降の参加資格のはく奪等をする場合があります。
(14)大会の映像・写真・記事・記録等において、氏名・年齢・性別・肖像等の個人情報を新聞・テレビ・ポスター・プログラム等に報道・掲載・利用させていただく場合があります。また、その掲載権・使用権は主催者に属します。
(15)大会申込者の個人情報の取り扱いは、別途記載する主催者の規約に則ります。
(16)大会当日の公共交通機関、道路事情による参加者の遅刻について、主催者は一切の責任を負いません。
新型コロナウイルス感染症防止対策および大会中止規定
本大会は、日本陸上競技連盟が定める「ロードレース開催についてのガイダンス」に基づいて感染症対策を実施し、感染拡大の防止に最大限取り組んだ競技運営を行います。本大会にお申し込みされた方は、以下の内容を了承し、遵守するものとします。尚、今後の状況により、内容に変更が生じる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
(1)開催中止の判断は、新型コロナウイルスの感染状況を注視しながら、適時適切に行います。
(2)感染状況により、定員や参加資格の変更をする場合があります。参加が出来なくなってしまったランナーの参加料については、決定した時点で実際にかかった費用等を勘案して返金の有無・金額等を決定し、返金が生じた場合はRUNPOにて返還します。
(3)65歳以上の方、基礎疾患等を有する方は、新型コロナウイルス感染症に感染した場合、重症化するリスクが高いことを十分に理解した上でお申し込みください。
(4)開催1週間前からの体調管理チェックシートの作成・提出や、レース中以外の場面におけるマスクの着用など、主催者が実施する感染症予防対策にご協力いただきます。主催者が求める感染症予防対策に従っていただけない場合には、参加を取り消す場合があります。
(5)以下の場合は参加を辞退していただき、参加料の返金は行いません。
・大会当日に37.5℃以上の発熱があった場合
・大会開催前2週間の間に、「体調管理チェックシート」の項目に該当する症状がある又は体温が37.5℃以上の日がある場合
・大会当日時点で陽性者の療養期間及び濃厚接触者の待機期間中である場合
・政府から入国制限、入国後の観察を必要とされている国、地域に渡航し、大会当日の時点で政府が定める待機期間を経過していない場合
(6)大会終了以降2週間の期間において、健康状況を記録し、新型コロナウイルス感染症への感染が発覚した場合には主催者に報告し、自治体や保健所等の調査にご協力ください。
(7)新型コロナウイルス感染症防止の観点から、行政機関より体調管理チェックシートを含む個人情報の提出を求められた場合、適切な方法で個人情報を要請のあった行政機関に提出することがあります。
(8)新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の導入を推奨します。ご自身のスマートフォンにインストールしてご利用ください。
個人情報の取り扱い
(1)主催者は、個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律及び関連法令等を遵守し、主催者の個人情報保護方針に基づき、個人情報を取り扱います。
(2)大会参加者へのサービス向上を目的とし、参加案内、大会プログラム、記録通知、関連情報の通知、大会協賛・協力・関係団体からのサービスの提供、記録発表(ランキング等)に利用します。また、申込内容に関する確認連絡をする場合があります。
(3)新型コロナウイルス感染経路追跡等のため、行政機関より個人情報の提出を求められた場合、適切な方法で個人情報を要請のあった行政機関に提出することがあります。
シャトルバスの運行
(1)つくばエクスプレス:研究学園駅からシャトルバスを運行します。〔片道270円(IC運賃263円)〕
(2)JR常磐線:土浦駅東口からシャトルバスを運行します。〔片道620円(IC運賃618円)〕
(3)JR「東京駅」八重洲口より直行バスあり(有料、要事前申込、問合せ:読売旅行大手町営業所TEL03-6202-4350)(7月22日 下線部追記)
※シャトルバスの料金は変更となる場合があります。
臨時駐車場の利用上の注意
(1)臨時駐車場を利用したい場合はエントリー時に利用料金(1,500円)を添えて申し込んでください。
(2)臨時駐車場はつくば市役所の駐車場となります。大会会場までは、最寄駅である「研究学園駅」からシャトルバスを利用していただきます。駐車券に、シャトルバス片道4回分の利用券を添付します。
(3)当日の入庫渋滞等によるスタート時間の変更はいたしません。
(4)つくばエクスプレス沿線の駅周辺公共有料駐車場を利用した方が便利な場合があります。
つくばマラソンでは、つくば市ゼロカーボンシティの実現に賛同しています。
大会当日は、出来るだけ、公共交通機関のご利用をお願いします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはつくばマラソン大会事務局です。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

つくばマラソンホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?