アンケート

「ランナーが走る動機」についてのアンケート調査のご協力のお願い

 2007年の第1回東京マラソン開催を契機に、近年ランナーの数は増加の一途をたどり、それに呼応する形で大都市圏における市民マラソン大会が増えてきました。36回を迎えるつくばマラソンでも年々多くのランナーが集い、大会規模も大きくなっています。

 つくばマラソンでは、大会テーマとして「マラソンを科学する」を掲げ、数ある大会の中でも独自性を模索しています。ランナーの皆さんが、走り始めた動機や走り続ける動機を理解することは、「つくばマラソン」がランナーにとってより良い大会になる大切なプロセスになり、同時により豊かなランニング文化を構築する一助となると考えています。
 つきましては、皆さんがマラソンを走り始めた動機や続ける理由について、「走る動機に関するアンケート調査」を実施したいと思います。結果の公表については、専門学会などで発表するとともに、本大会においても随時報告していく予定です。その際、個人を特定したり、明らかにしたりしないよう配慮いたします。ぜひ、ご協力いただければ幸いです。

つくばマラソン組織委員会
(調査責任者:筑波大学 体育系教授 鍋倉賢治)

アンケートの受付は12月11日(日)をもって終了しました。
ご協力いただきましてありがとうございました。

IDとパスワードは、完走証とともにお渡ししたチラシにある、
大会アンケートのIDとパスワードと同じです。